So-net無料ブログ作成
検索選択

■そこはかつて…もう一つの「夢の国」だった [ ◆ドリ-ムランド2006]

※6/2 キャラのポスター写真を文末に追加しました♪
 

こんにちは!
前回の記事では場所を書かずに、いろいろ憶測が飛び交いお騒がせしました(^_^;)
 
さて、正解ですが…
今回カモさんが訪れた場所は『 奈良ドリームランド(NDL)』という遊園地です。
(スイマセン。外国ではなく国内でした^^)
 
 
じつは、この遊園地は日本のディズニーテーマパークを語る上で、どうしても はずすことのできない場所なんです♪
 
今回は、TDLの陰に隠れてしまったこの「もう一つの夢の国」をご紹介いたします。
 (ちょっと長文レポですのでモバイルの方は気をつけてくださいね。)
 


 

東京ディズニーランド(TDL)は今年で開園23周年を迎えますが、そのTDLが開園する22年前、つまり今から45年も前の1961(昭和36)年に、奈良県に大きな遊園地がオープンしました。
 
 

 
その遊園地の名は 『 奈良ドリームランド 』。
 
この遊園地には、いくつかの注目すべき点がありました。
 
まずは、その広大な敷地面積。奈良ドリームランド開園の6年前にオープンしたカリフォルニアのディズニーランドとほぼ同じ広さとされているようですので、約30ヘクタールもの広さだったみたいです。これは当時の日本の遊園地としては他の追随を許さない広さだったと言えるでしょう。
 
 
でも、もっと驚くことは、遊園地の内容でした。
 
ウォルト・ディズニーがつくったテーマパーク「ディズニーランド」をモデルにして、「メインストリート」「冒険の国」「幻想の国」「未来の国」「過去の国」の5つのエリアで構成されていました(開園当時)。
 

 
入園すると中央のお城に向かってまっすぐ伸びるメインストリート、
マッターホルンを模した山の斜面を疾走するボブスレー、
ジャングルを船で探検するアトラクション、
アンティークな2階建てバス、
園の周りを1周する蒸気機関車、
近未来的なデザインのモノレール、
 
…園内の風景はまるでカリフォルニアのディズニーランドそのものだったのです。 
当時、関係者が胸を張って「ここは日本のディズニーランドだ」と称したのも充分に納得がいきます。
 
 
 
 
 
ただ、ひとつ『 ディズニーに無断で造っちゃった♪ てへっ♪という点を除いては…。
 
 
 
この「無断パクリ」は、後に東京ディズニーランド(TDL)を誘致するときにも問題になりました。
 
「東京ディズニーランドの父」とも称される元・オリエンタルランド(OLC)二代目社長の高橋政知さん(故人)は、その回想録のなかでこう記しています。
 
…1960年代の早い時期に、川崎さん(注:京成電鉄社長(当時)、初代OLC社長)が一度、米国ディズニーを表敬訪問したが、先方の日本への態度は必ずしも好意的ではなかったそうだ。 当時、日本でディズニーランドの形をまねた遊園地を無断で造った企業があるということで、ディズニー側がかなり怒っていたのだ。 高橋政知 私の履歴書(16)1999.7.17日経新聞
 
 
 
…と、カモさんはここまでのいきさつは知っていたのですが、実際にNDLに行ったことはありませんでした。
 
いつか行ってみたいと思っていたのですが、今回、関西方面に行く機会があったので、NDLにまでちょっと足をのばしてみましたー。

 

雨の中ほんの1時間だけの滞在でしたが、奈良ドリームランドの様子をレポいたしま~す♪
 
 ----------------------------------------
 
■メインストリートに向かうゲート
 かつては馬車や二階建てバスも運営されていたようです。
 最近は、経営不振のためかなり縮小された経営になっています。
 
 
 雨の日だったこともありますが、ゲストは数えるばかりです。
 集団で来ていた幼稚園生を除けば、一般のゲストは20~30人ほどでしょう。
 本場のディズニーランドとほぼ同じ広さにわずか数十人のゲスト。
 予想はしていましたが、かなりもの寂しい風景でした…(^_^;)
 
 
■お城と山の2ショット
 ウォルトではなく、リンカーンの像がありました。さすがにそこまではコピーできないですもんねー(^_^;)
 後ろの山はかなり高さがあり、お城との位置関係もディズニーランドとそっくりです。
 
 
 本場が50周年(の飾り付けがある状態)じゃなかったら、ディズニーファンの方もパッと見る分には「あ、これはカリフォルニアのディズニーランドの写真だね♪」と騙されてしまうんじゃないかと思うくらい凝った造型です。
 
 
■メリーゴーランド
 お城の通路を通り抜けた真後ろには、メリーゴーランドがあります。
 お城の真後ろにあること、馬が全て白馬であることはウォルトの発想なのですが、このあたりもディズニーランドと同じですね。

 
 
■アトラクション(その1)外周列車、ボブスレー
 主要なアトラクションをいくつかご紹介します。

 
 外周列車は、鉄道マニアにはかなり貴重なものなんだそうです。
 北海道の開拓当時に外国から輸入したもののレプリカなんだとか…。
 
 ボブスレーは営業しているようでしたが、雨ということもあり乗りませんでした。
 もっとも晴れていても、いろんな意味で怖くて乗れないかも(笑)
 
 
■アトラクション(その2)

(左)ティーカップ、
(中)バグスライフをイメージさせるようなミニコースター、
(右)アクアトピアを先取りしような(^_^;)円形ゴムがついたバンパーボート、などがありました。
 どれも本日動いた様子が感じられないのは、雨のせいなのか、ゲストが寄りつかないためか…。
 
 
■アトラクション(その3)
 

(左)アンティークカーの運転コース。コースをはずれないようにガイドレールがついた道を運転することができます。
(中)これは後に追加されたものかもしれません。ログシュートという水路式のコースタータイプのアトラクションがありました(ポケパークにも似たようなのあったなぁ)。スプラッシュマウンテンをイメージさせるような落下部分があります^^;
(右)木製コースターASKA。これも比較的新しく、後にダイエーの支援下になってから導入された大型アトラクションのようです。
 
 
■モノレール「スペースライナー」
 驚いたことに園内にはこんな近未来的な乗り物もありました。

 
 当時、日本では大手メーカーがこぞってモノレールの開発をすすめており、NDLは後発組の東芝と手を組んで、開発用の実験線という名目で園内に建設を誘致したようです(なかなかヤリ手ですね^^)。
 大手メーカーの最新技術を投入したモノレールも、現在では運営が終了しており、もう動く姿を見ることはないのでしょう…。
 
 

 モノレールの向こう、山の中腹にはスカイウェイ(ロープウェイ)が通っていました。このスカイウェイも運営終了し、もう動いていません。
 
 さきほどのモノレールは、前から見ると500系新幹線のような流線型のデザインをしています。すぐ下を走るアンティークカーとの対比もなかなか考えられた位置関係だと思います。
 背景になる山やスカイウェイと相まって、昭和30~40年代にはまさに夢のような風景だったことでしょう。
 
 
さて、この辺りで園内の様子をもう少し細かく見て行きましょう。
 
■建物の演出

 建物の2階部分は1階よりも天井を低く、3階はさらに低く…というディズニーランドで採用された遠近感による視覚トリックが用いられているようです。(意図したものなのか、偶然にそうなったのかはわかりませんが…。)
 
 
■ごみ箱

(左2つ:ドリームランド、右2つ:USJ)
 
 ゴミ箱には、バッキンガム宮殿の近衛兵のようなデザインのNDLオリジナルキャラクターが書かれています(たしか…ドリちゃん?)。
 このゴミ箱の形は、どこかでみたことあるなぁと思ったら、なんとUSJで採用しているもの(右側の2つ)と同じでした^^
 
 
■手書きの案内板

 
 えーと(^_^;)、これはかなり微笑ましい手作り感覚に満ちあふれた看板です^^;
 アップの写真も右側に付けますので、どうぞご自分でその微笑ましいクオリティをお確かめください(^_^;)
 
 
■食堂のキャラクターたち

 
 NDLにはオリジナルキャラクターがいるはずなのに、レストラン…いや食堂には、キティやらミッキー・ミニーなどのキャラクターが目につきます(^_^;)ぉぃぉぃ
 怖い物知らずというか…いろんな意味で目をひきますね^^
 
 
■お土産
 
 
 次にお土産屋さんに入ってみましょう。おぉ、たくさんのキャラクターたちが! あれ?…でも、NDLのキャラじゃなさそうです。
 
 ミッキーなどのディズニーキャラクターをはじめ、トトロにアンパンマン、
 キティにスヌーピー、仮面ライダーに戦隊モノ、そして、ドラえもん…。
 このラインナップはさすがのTDLも真似できないですね(^_^;)
 
 もう完全に開き直り、キャラ無法地帯と化しています。
 …でも、NDLのキャラクターものはドコ^^?
 
 

 …で、カモさんが唯一見つけることのできたオリジナル商品がこちら!
 えーと「草だんご」でした…(^_^;)
 
 ほかに「ドリーム餅」っていう大福みたいのがあるらしいんですけど
 残念ながら、見つけることができませんでした。
 草だんごに衝撃を受けて 見落としてしまったのかもしれません(^_^;)
 
 
 
 ----------------------------------------
何かどんどん切ない気分になってきたので、ここいらで気を取り直して
楽しくアトラクションでも体験してみましょうか!
 
NDLの人気?アトラクション「ジャングル巡航船」です。
このアトラクションで未開のジャングルに旅立ってみましょう♪
これは楽しみですね~^^
 
 
■では【ジャングル巡航船】に乗ってみましょう♪
 

(左)入り口の像
(中)看板
(右)語りかけるおじいさん
 
 入り口にはジャングルの原住民らしき像がお出迎えです。でも、注目すべきは後ろにある船乗り場建物です。このデザインはディズニーランドのジャングルクルーズそのもの!見事なパクリ具合に思わず脱帽です。
 
 船乗り場には椅子に座ったおじさん(人形)がいて、ジャングルについてくり返し説明してくれます。
 
 
■ボート全景

 
 さぁ、いよいよ船に乗り込みます!
 もう驚かないけど、ホント見事なパクリ具合です(^_^;)
 
 
■船内の様子

 
 初めて乗ったアトラクションなのに、違和感がない見慣れたデザイン(^_^;)でした。
 ディズニーランドと大きく違うのは、船長は操縦に専念しているということ。
 マイクを持った派手なパフォーマンスはなく、淡々とテープのガイド音声が流れるのです。
 それにしてもこのテープ、【ジャングルクルーズ】って思いっきり、某TDLのアトラクション名が書いてあるんですけど…たしかこれは「ジャングル巡航船」では?(^_^;)
 
■出航

 
 さぁ、出航です!
 当然、他のゲストがいるはずもなく船長とカモさんの二人旅です(^_^;)
 
 ディズニーランドではここで振り向いて、見送る人に「行ってきま~す♪」と元気に手を振るところですが、まわりに誰もいないので心の中で「逝ってきます…」と思わずつぶやきます。
 
 私の心を察してくれたのか、出航デッキの端でなぜか子象が見送ってくれていました。
 
 
■森の中へ

 
 出航後すぐに音声案内のテープが「ドリームランド港を出発してから3ヶ月が経ちました♪」みたいなことを言っています。前向きに解釈しようと頑張っていると、船の前にはうっそうとした森が迫ってきました。
 いよいよジャングルの中に入っていきます。
 
 
■クジャクと虎

 
 いきなり動物たちが見え始めました。
 まずはクジャクのオス、2匹のトラ、そして巨大ヘビです!
 
 クジャクとトラは、船をじっと見つめて動く気配はありません(^_^;)
 ヘビは一応、動きを見せて船を牽制していました。
 
 
■滝

 
 突然視界が開けて、目の前に滝が迫ってきました。
 ん…何かこの景色見たことあるんですけど(^_^;)
 しかし、船長は動じることなく淡々と船を進めていきます。。。
 
 
■密猟者

 
 茂みの中に人影が!どうやら密猟者のようです。
 こちらが騒がなければ危害を加える気はないようです。
 ジッとこちらの様子を伺っていて微動だにしませんでした。
 
 
■ゾウの水浴び

 
 あ、なんかゾウの住みかに迷い込んでしまったようです。目の前でゾウが水浴びをしています。
 
 
■ヒョウ

 
 ゾウに見とれていると、反対側の茂みからヒョウが丸太の上から息をひそめてこちらを見ています。丸太の上をすべるようにスススッと…いやズリッ、ガクンと前進しかけています。
 
 
■イグアナなど

 
 カクンカクンとまるで「ししおどし」のように反復運動をしているオオアリクイ、微動だにしないダチョウやイグアナなども見ることができます。
 
 このあたりで正直、このジャングルの風景や動きの少ない動物たちに飽きてきました(^_^;)
 
 
■サイとジープ

 
 おぉっと!飽きているヒマはありませんでした!
 
 大変です。サイがジープを横転させています!先ほどの密猟者たちの車でしょうか。
 またワクワク感がアップし、がぜん盛り上がりを見せてきました。
 さぁ、どんどん先へ進みましょう!!
 
 
■原住民

 
 原 住 民 キタ--- (・∀・)---!
 
 槍や楯を持った原住民たちが踊りながら、儀式をしているようです。
 この船を歓迎してくれているようだ、とテープ音声が解説しています。
 正直、この辺りは笑いをこらえるので精一杯でした(笑)
 
 
■キリン

 
 原住民のダンスの後は、間髪をいれずキリンの群れに遭遇しました。
 うっそうとした森の風景とあいまって、なかなかリアルに見えます。
 
 
■洞窟

 
 やがて船の前に謎の洞窟が…。
 音声テープも「ここまで来たら進むしかない」と煽っています。
 洞窟の中はコウモリの群れや地底の川などを見ることができました。
 
 
■ライオンとワニ

 
 まだまだ気を抜けません。
 洞窟を抜けるとライオンの群れや、巨大ワニに遭遇です!
 ワニ本人は動きたそうなのですが、レールにひっかかっちゃったのか
 動くに動けないようです(^_^;)
 
 
■滝の裏側

 
 そして、先ほど見た滝のウラ側を通ります。
 うーん、予想していたとはいえ、ここまでパクるのか…。
 左手奥には、まだ密猟者がぶら下がっています。
 
 
■カバ

 
 滝のウラ側を通り抜けるとカバが気持ちよさそうに水につかっています。
 耳はピクピク…していませんね。
 写真で見るとなかなか立派にみえますが、実物はかなり歴史を感じさせるクオリティでした(´Д`;)
 
 
■探検終了

 
 スリル満点(笑)のジャングルの旅から無事に帰ってくることができました。
 なかなか見所の多い探検でした♪

 まぁ、色んな意味で…お疲れさまでした(^_^;)A
 
 
 
 ----------------------------------------
 
 
 ざっと園内を一回りしてきましたが、実際に見て感じたことは…。
 
 まず驚いたのはその「コピー具合」です。45年も前に、当時開園して数年しか経っていない本場ディズニーランドをここまで再現した情熱と技術には純粋に感動します。
 
 当然ディズニー側からの資料提供など一切なかったでしょうし、今のように気軽に現地の写真や情報を得ることもできなかったでしょう。
 
 とすれば、実際に社員を現地に行かせてひたすらメモと写真(カラー写真だって当時は貴重)をとり、それだけを頼りに再現するしか方法がなかったのではないでしょうか。
 
 少なくとも「本気で」ディズニーランドを再現しようとしたのは間違いありません。その情熱と執念は、45年の時を経て朽ちかけた施設からもまだ充分にオーラを感じることができました。
 
 
 しかし。。。
 
 園内の造型などハード面では本場ディズニーランドに近い部分もありましたが、運営やゲストサービスなどソフト面では残念ながらディズニーランドとは遠くかけ離れたものでした。
 
 テーマパークの運営には、いかに基本理念・ゲストサービス・キャラクターの活用などのソフト面が大切かを改めて思い知らされました。
 
 
 
 ----------------------------------------
 
 

平成元年からはダイエーの資本参加も受けて営業を続けてきた「奈良ドリームランド」ですが、その後、地元の不動産会社に経営移転され、ついに今年2006年8月に閉園することになりました。
 
ディズニーに無断で造ったなど問題もありましたが、「アメリカに追いつき、追い越せ!」と頑張っていた高度成長期の日本において、子供たちだけでなく大人にとっても目標であるアメリカの象徴として重要な場所だったことでしょう。
 
 
あと3ヶ月で45年間の歴史に幕を下ろす「夢(ドリーム)の国(ランド)」…。
 
カモさんが訪れた5月末のこの日、蒸気機関車がわずかばかりのゲストを乗せて、降りしきる雨の中を淋しげに旅立っていきました。。。
 

 
 
 <おわり> 
 ----------------------------------------------------
 
 
 
 
 
■追記■6/2 自販機やポスターで見かけたキャラクターの写真を追加しました♪

■ドリちゃん(男の子)とランちゃん(女の子)
 これがドリームランドのメインキャラクターですね。ジュースの自販機に書かれていました。

 
■いろんなキャラクターたち

 こちらはポスターで見かけたキャラクターです。
 
 ルーシー、クルミちゃん、ボブ、ワンワンあたりは結構微妙なデザインですね(^_^;)

 

 


nice!(15)  コメント(42)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 42

(笑)奈良だったんですね!!みなさんのコメントを呼んでてすっかり外国か!って思ってました。
それにしても見事なパクリですね!ここまでいくと感心しちゃいますよね。しかも40年以上も前に・・・。
横浜ドリームランドって知ってます?もう閉園しちゃったんですけど。ゴミ箱の絵が横浜ドリームランドと一緒なような・・・。
雨の中をご苦労様でした^^
by (2006-05-30 23:30) 

chome

NDLって??と思っていたのですが、奈良ドリームランドですか~。
恥ずかしながら初めて知りましたf(^^;)
みごとなパクリ具合ですね(笑)
でも今から45年も前に造られたのだと思うと凄いですよね。
きっと大変な努力だったと思います。
今年の夏で閉園なんですね・・・一度行ってみたかったかも(笑)
読みごたえ(見ごたえ)のあるレポ、ありがとうございました~!
by chome (2006-05-30 23:41) 

kenta-ok

これは、県庁から見えるところですか。
by kenta-ok (2006-05-31 01:18) 

こんばんは!
奈良に行ってたんですかー。てっきり外国かと…(^^;)
実は私、mamさんのコメントにもあった横浜ドリームランド(カモさん流に略すならYDL・笑)跡地の近くに実家があります。だからドリちゃんにはめちゃくちゃ郷愁を感じちゃいました。コレは確実に横浜のと同じですね。確か経営してた会社も同じだったはず…。
これだけのものが閉園しちゃうのは惜しいですね。でも、私もテーマパーク系施設で働いてたとき、「いかに外見が凝っていても、スタッフがきちんと接客できなければすぐに廃れてしまう」って、耳にタコができるほど上司に言われたのを、この記事読んでふと思い出しました。
8月閉園かあー。夏休みに行ってみたいけど、きっと無理だな(TT)
by (2006-05-31 01:30) 

カモさん

■mamさん♪
 こんにちは!奈良だったんです(^_^;)。横浜ドリームランド(YDL…笑)も奈良と同じ経営母体でした。横浜にもかなり気合いを入れていたみたいで、例えば、五重の塔みたいなホテルは、当時、日本一の高層建築物だったそうです。
 
■chome777さん♪
 こんにちは![DL]って聞くと[Disneyland]を想像しちゃいますよね(^_^;) 生まれも育ちもTDLと好対照なNDLですが、閉園前にどうしても行ってみたかったので遠回りして奈良に寄ってきました♪
 
■kenta-okさん♪
 こんにちは!県庁がどこにあるのかわかりませんが、この遊園地は市街地から少しはずれた山の中でしたので、たぶん見えないかなぁと思います。あやふやでスイマセン^^
 
■おこ さん♪
 こんにちは!ハイ、奈良の遊園地でした(^_^;)
 YDL(笑)もNDLも同じ、日本ドリーム観光が造った遊園地です。横浜の方は、奈良よりも少し遅れて開園し、早めに閉園してしまいました。テーマパークはハードの追加投資も重要だけど、それ以上にスタッフの教育などソフト面が一番大事なのですね。そう考えると右肩上がりの人気を維持しているTDRは改めてすごいなぁと感じました♪
 
by カモさん (2006-05-31 19:20) 

fumipopo

何の許可もなく技術支援もなく 45年も前にここまで出来るってことが
すごいですね なんだか感動しました
最近TDRも教育がおろそかな気がしてならないのですが
大丈夫でしょうかね~(^^;;
by fumipopo (2006-05-31 20:11) 

そうなんですか!あります!!五重塔!閉園しても、あの塔だけはみえるんですよ!納得してすっきりした~♪
by (2006-05-31 20:55) 

カモさん

■fumipopoさん♪
 こんにちは!正直見る前は「パクリーランド」くらいの軽い気持ちだったのですが、実際に見ると当時の執念に近い情熱の痕跡は十分に感じとれました。最近のTDRは…いかにキャストのやる気をだすかで苦労しているみたいですね(^_^;)
 
■mamさん♪
 こんにちは!なんでも日本初の高層建築は霞ヶ関ビルってことになっていますが、本当はこのホテルのが先なんですって。ここにあった観覧車も当時、世界一の大きさだったというし、思い切ったことが好きな経営者だったようですね^^
 
by カモさん (2006-05-31 22:59) 

正直、最初にカモさんが、一番来たかったところに来ている、という記事を
立ち上げているのを見て、あぁ、外国のディズニーか☆なんておもってたら
違ったんですね汗
すごいパクりよう・・・。
なんかディズニーランドもこういう風に
人気(にんき、でも、ひとけ、でもあんまり意味変わらない・・・笑)がなくなったら
いやだなぁって思いました・・・。
なんか正直パクリに関しては腹立たしい感じもしますが
閉園する、と聞くとなんか・・・寂しいです。。。苦笑
by (2006-05-31 23:07) 

カモさん

■ナギさん♪
 こんにちは!私も最初は「パクリ」を前面に書こうと思っていたんです(^_^;)
 でも、(今の時代なら信じられないことですが、)当時は「著作権」などろくに認知されてなくて、おもしろいものはどんどん真似しちゃえ!っていう時代。
 なので、そこは今回は目をつぶって、たとえパクリでもこれだけのモノをつくりあげた情熱と信念を記事に盛り込むことにしました♪
 
 じつは、TDLも造るときに「絶対失敗するぞ!高い金かけてそんなバカなものは造るな。やめておけ!」って世間中から叩かれていたんですって。でも高橋政知さんは強い信念で、自宅まで売り払ってお金をつぎこみTDLを創り上げました!強い信念がなければ、こういう施設って造れないんだなぁと思います。
by カモさん (2006-06-01 00:20) 

AYA

こんばんは。
やはりNDLだったのですね。
私も閉園のニュースを聞いて行ってみたいと思っていましたが
夏までと言うのはちょっと無理そうです。
いろいろネットで写真は見ましたが、カモさんのような
詳しいレポはなかなか見れませんね~。
楽しいレポありがとうございました!
写真でも当時の情熱は伝わってきますよね。
やっぱり一瞬だと見間違えちゃいます。
by AYA (2006-06-01 00:50) 

カモさん

■AYAさん♪
 こんにちは!AYAさん、大正解~でした♪
 遅かれ早かれ閉園という雰囲気ではあったので、「ついにXデーが決まってしまったか…」という気持ちです。機会があればAYAさんにも、ぜひ実物を見て頂きたいです(笑)♪
by カモさん (2006-06-01 02:26) 

Magic-legacy

こんばんは!
これはNDLなるものだったのですねぇ~!初めてNDLの存在を知りました!
しかし、TDL開園のはるか昔にこのような巨大な施設を本場そっくりに
造った事は、パクリとはいえある意味感動しますね!
レポの中、手書き案内板やジャングル巡航船のくだりは涙が
出そうになりました・・・が、カモさんのレポがなかったらNDLの存在を知らずに
閉園するところでした!貴重なレポをありがとうございました!
by Magic-legacy (2006-06-01 02:26) 

カモさん

■Magic-legacyさん♪
 こんにちは!私も似たようなもんです^^。パクった遊園地があるのは聞いていたのですが、それが「奈良ドリームランド」のことで、まだ営業を続けているのを知ったのはつい3年ほど前です。それ以来、いつかは行ってみたいと…(笑)
今回、たまたまでしたが立ち寄る機会に恵まれたのでうれしかったです♪
by カモさん (2006-06-01 12:01) 

yagimickey

こんにちは。
私もパクった遊園地がある話はしってましたが、まだ営業していたとは
思いませんでした・・・f(^^);
でもよくあそこまでパクリましたよね、45年も前に。
ある意味、感動しますよね。
でもカモさんて、すごく色々なことをご存知ですね。尊敬しちゃいます!!
by yagimickey (2006-06-01 13:30) 

カモさん

■yagimickeyさん♪
 こんにちは!私もちょっと驚きましたが、まだ営業していたのです^^ 
 関西の同業施設がバタバタと閉園する中で、かなり健闘した方だと思います。ディズニーもOLCも表だっては触れない「陰の」遊園地を、この目で実際に見ることができただけでも良かったと思っています。(できることなら横浜DLも閉園する前に見てみたかったです…。)
by カモさん (2006-06-01 18:32) 

レイヴン

もうまさに、パクり具合に拍手ですね。
私も、ゴミ箱の柄を見て、「あれ?」
と思って下のコメントまできてみると、やっぱり
横浜ドリームランドのキャラですよねえ。覚えていた私・・・。
奈良にそんな素敵?な夢の国があったのは知りませんでした。
明日から京都です。時間があったらいってみたい(^^)
by レイヴン (2006-06-01 22:03) 

カモさん

■レイブンさん♪
 こんにちは!レイヴンさんも横浜DL(笑)に行ったことがあるんですね。いいなぁ。私が知ったときは閉園後でしたので、もう残された道は奈良しかないと…(笑)。京都と奈良は実は近いので、奈良にある「歴史的文化財(笑)」を見てくるものいいかもしれません(あと3ヶ月ですし)♪
 
by カモさん (2006-06-01 22:25) 

wako

こんばんは。AYAさんのNDLで調べてみちゃいました(笑)
8月閉園と言う記事も目にしたので「ムムッ!ここだ。」と思いました。
なので、カンニングですね(*^m^*) ムフッ
海外?って思ったのですが、このお城は違うぞ~!って思ってました。
45年前にしてもこれだけ似て非なるものを、写真やメモなどだけで作ったのは、アル意味すごいですね。
私も、乗ったら笑ってしまいそうだけど、ボブスレーやスペースライナーはアナハイムに似てると思ったし、スカイウェイはその昔TDLにもありましたよね。
短時間で、こんなに濃密なレポしてくださってありがとうございました。
無事帰国されて良かったです(笑)もっと前に知っていたら行ってみたかったかも・・・
by wako (2006-06-01 23:00) 

カモさん

■wakoさん♪
 こんにちは!パッと見は似ているんですけど、じっくり見られちゃうとやっぱり作り込みで本家との差があるんですよね。。。まぁその辺もあるので小さい写真にしてみたのですが(笑)、あっさり見破られちゃいました^^
 開園当時は、潜水艦のアトラクションなどもあったみたいです。ますますそっくりだったことでしょう。
 
by カモさん (2006-06-02 00:19) 

りゅうパパ

こんばんは
こんなのがあったんですね~
初めて知りました!
しかももうすぐ閉園ですか~・・・
行ってみたいですが遠いですね・・・
ホント無断でよくこれだけ忠実にコピー出来ましたね
その「技術力」だけ考えればすごいものです
著作権という感覚が無かった時代なんでしょうね~
by りゅうパパ (2006-06-02 01:00) 

カモさん

■りゅうパパさん♪
 こんにちは!短期間で一気に作り上げたのでしょうし、景観を創る技術までは本場にかなわなかったので、細部の作り込みはたしかに見劣りする面はあります。でも、そういうことを吹き飛ばすようなある種の「迫力」はありましたね。昭和30年代のバリバリ仕事する世代のエネルギーは凄まじいものだったのでしょう^^ 
by カモさん (2006-06-02 08:05) 

こんにちは!
やっと遊びに来れた~!最近はお昼休みもロクになかったんです。
香港にしては、おかしいとは思っていましたがパッと見では
間違えてもおかしくないですね(笑)
噂は聞いていましたが、まさかこんなパクリとは知らず~驚きでした。
実際に見れて嬉しいのやら、ちょっと~って気もするし、複雑な心境でしたが
カモさんのレポ楽しく拝見させて頂きました。ありがとうございました。
by (2006-06-02 12:35) 

カモさん

■みなりんさん♪
 こんにちは!お仕事いそがしそうですね。
 目の肥えた人には、やっぱアナハイムでも香港でもない違和感がわかっちゃうんですね…さすがだなぁ^^
 ある意味、伝説のパークですし、歴史的文化財(笑)でもあるので、ちょっと工程的に無理してでも行けてよかったです^^

 
by カモさん (2006-06-02 18:23) 

かえちゃん

こんばんわ、カモさん。
懐かしすぎる!!関西在住者としては、NDL(笑)は他の遊園地とは一線を画していました。小さい頃、親に連れて行ってもらったとき、「ここはアメリカンのディズニーランドそっくりに作ってあんねんで!!」と耳にたこができる位、聞かされました。最近でこそ、ダイエーなどで、割引券を持って行きたい放題だったのですが、当時は値段も他の遊園地より高かったような気がします。(高いし・・・って言われてあまり連れて行ってもらえませんでした)
そして、何よりチケットがABCDEの別に分かれていて、綴られていたのですよ。他の遊園地みたいに100円券何枚っていう買い方じゃなく、そこまで本場をパクっていたのですね。Eライドは一体なんだったのかもう覚えてはいませんが・・・。
by かえちゃん (2006-06-02 20:28) 

fumipopo

追加写真をみました
ゴリ男くんが 名前に似合わずかわいい~
北九州のスペースワールドキャラより 個人的には好きです(^^;;
by fumipopo (2006-06-02 20:52) 

カモさん

■かえちゃんさん♪
 こんにちは!かえちゃんさんはNDLの「現役時代」に行かれているんですね。以前のパンフ写真をwebで見たのですが、潜水艦などもあって現在よりもディズニーランドっぽいように思いました。入場料ですが今はHPに入園無料券もありますもんね(^_^;)。 Eチケットなどがあったのは初めて知りました!そこまでこだわってパクッてたんですね^^; そのコダワリはウォルト並みだぁ(^_^;)
 
■fumipopoさん♪
 こんにちは!ゴリ男くんはカバなので「ジャングル巡航船」のイメージキャラかもしれませんね^^  私はどうしても、ルーシー、クルミちゃん、ボブ、ワンワンが某TDRのキャラにかぶって見えてしまいます(^_^;)
 
 
by カモさん (2006-06-02 22:47) 

fumipopo

>カモさん 確かに(^^;; かぶってますね 微妙さ加減が nice!です
by fumipopo (2006-06-02 23:03) 

山猫庵

ドリームランド、中学の修学旅行の時に行きました。
(当時の石川県内の中学校の修学旅行は殆ど奈良・京都)
今考えると、何故「修学」旅行に遊園地?という疑問も湧きますが、
まあ時代が変わってもアミューズメント系のイベントがないと
修学旅行の「間」がモたないのかな?(^_^;)

それはさておき、当時乗った記憶があるものは…ティーカップくらいかな(^_^;)
めちゃ速度の速いティーカップでかなり恐怖感があった覚えが…
by 山猫庵 (2006-06-03 13:29) 

カモさん

■山猫庵さん♪
 こんにちは!修学旅行でドリームランドコースがあったのですね。
 まぁ、アメリカの文化を学ぶ施設と言えなくもないですし…(^_^;)
 そういえばティーカップで、カップの中で均等に座るよりも一箇所に集まって偏って座った方が「変な回り方」をして楽しめるそうです…が怖くて試せません^^;
by カモさん (2006-06-03 14:26) 

店員佐藤

ランちゃんはいいんですけど、ドリちゃんには無理があるような。。。
by 店員佐藤 (2006-06-06 09:47) 

カモさん

■店員佐藤さん♪
 こんにちは!ドリちゃん…私もそう思いました(^_^;)
 イラストのイメージとだいぶ差が。。。
by カモさん (2006-06-06 22:40) 

ランバルディ

とても楽しませていただいたので、コメントをさせていただきました。
今はもう閉園してしまったみたいですね。一度、行ってみたかったので、ちょっと残念です。
「ジャングル巡航船」のレポート、最高です!本当に某TDLのアトラクションにそっくりですね(笑)密猟者がなんでぶら下がっているのか意味が不明ですが、密猟者の要素はキリマンジェロ・サファリを先取りでしょうか?象の水浴びではアフリカ象とアジア象が同居していたり、某アトラクションでは見れない動物もいたりして面白そう!
今の価値観でみると「パクリ」の何ものでもありませんが、「パクリ・ネタ」で済ませないカモさんの時代背景を考慮したレポートが素晴らしいと思い、古い記事ですがコメントさせていただきました。
長文失礼しました。
by ランバルディ (2007-02-17 13:11) 

カモさん

■ランバルディさん♪
 こんにちはー!古い記事へのコメントも大歓迎ですよー♪
 知る人ぞ知る「影のディズニーランド」、1度だけですが閉園前に行くことができてラッキーでした。
 40年以上も前だと、著作権なんてあってないようなモノだったのでしょうし、なにより日本ドリーム観光の社長はだいぶ鼻息粗い人物だったようで「かまわん!さっさと作ってしまえー!」みたいな雰囲気だったのかもしれませんね。。。
by カモさん (2007-02-17 18:57) 

昔のハックルベリーフィン

とっても懐かしいです。楽しかった子供時代のやさしい思い出。
思い出させてくれて有り難う。
京都に居た79年前後によく連れて行ってもらいました。
当時はまだロープウェイや潜水艦、動いてましたよ、ちゃんと水の中を行くんです、行けば必ず乗りました。ジャングル探検もね!。
ファミコンはまだ出る直前で、男は皆、外で遊んでました。
そんな当時、奈良ドリームランドは探検や冒険を思い起こさせてくれる当時5才の私には、まさに夢の世界でした。
何時か彼女や子供が出来たら連れて行ってあげたいと思っていただけに本当に残念でなりません。
昔、行った所で残っているのはエキスポランドだけです。
(あの時は万博と言ってたなあ)
奈良ドリームランドの想い出は、私にとって今でも特別の物です
有り難う御座いました
by 昔のハックルベリーフィン (2008-10-03 07:56) 

カモさん

■昔のハックルベリーフィンさん♪
 こんにちは!コメント有り難うございます♪
 (素敵なHNですね♪)

 子供の頃によくここに行かれていたのですねー♪
 そうそう、当時は潜水艦もあったそうですね。最後はプールになっちゃいましたが、あのエリアにも船で巡るアトラクションなどもあったようで、この記事のときよりももっとディズニーランドに近いカタチだったことでしょう。
 当時はまだ日本では著作権とかそういった概念が希薄で、気に入ったモノはどんどん真似しちゃっていた時代なんでしょうね。
 もう遅いですが、家族連れで賑わっていたころの奈良ドリームランドを見てみたかった気もしてきました(^^;)。

by カモさん (2008-10-04 08:41) 

カモさん

■俺さん♪
 こんにちは!nice!ありがとうございます♪

by カモさん (2008-10-08 01:14) 

ビアンキ乗り

この奈良ドリームランド、今でも残っていますね。先日奈良から滋賀県の大津まで愛用のロードバイクでサイクリングしている途中で見ました。僕にとってはすっかり奈良から京都・滋賀方面のサイクリングコースの定番になってしまいました。フェンス越しに園内を見たら明らかにディズ二―ランドまねですよ。それを見たときディズ二―リゾートの外周を折りたたみ自転車で回ったことを思い出しました。東京へ輪行サイクリング旅行に行った時はもう一度ロードバイクで訪れて見比べてみたいと思ってます。
by ビアンキ乗り (2010-06-05 00:10) 

カモさん

■ビアンキ乗りさん♪
 こんにちは!こちらのそばまで行かれたのですねー。
 今は地元の不動産会社の管理下にあるようですので、
時期を見計らってショッピングタウンみたいにするのか、
住宅街になるのかするのでしょう~。
 できればちょっとだけでも、ここに奈良DLが
あったことを偲ばせるような、夢も少し入った計画に
なると良いですねー。
 コメントありがとうございましたー♪
by カモさん (2010-06-05 11:36) 

カモさん

■masaさん♪
 こんにちは!nice!ありがとうございます♪

by カモさん (2010-09-09 23:32) 

ドリームランド.jp

奈良ドリームランドはアナハイムのディズニーランドを模して作られたものです。その為、当時のディズニーとそっくりな作りとなっています。
開園にあたってはウオルト氏がわざわざ技師を派遣してくれるなど、仲がよかったようです。
遊園地における虚構性の研究で検索すと出てきますよ。
by ドリームランド.jp (2017-04-02 07:26) 

佐藤裕也

あまりにも読んでいて悲しくなってしまったのでコメントさせていただきます!失礼します。さっそくですが、あなたは憶測で話されていませんか?あなたのこのブログに書いている事の情報源はなんですか?そこを提示していただけると嬉しいです!
また、あなたは、軽率にドリームランドを馬鹿にしていますね。あなたの好きな場所がこのように何も知らない人によって批判されていたらどう思いますか?悲しかったり怒りを感じたりしないのですか?インターネットには、いろんな人がいます。あなたの書き方を不快に思う人もいます。現に、私は不快でした。あなたは、情報を発信するという行動に責任が足りていないと思います。ネットでは、うまく情報を拾えない人もいます。あなたがやっていることは詐欺と同じです。そういう、情報弱者に対して詐欺を行っていますよね?詐欺をされて、そういう方たちがまた嘘の情報を流してしまったら、負のスパイラルがうまれます。ディズニーランドを例に出すのも失礼なのですが、例えばディズニーランドにとって、不利益な嘘の情報がたくさん…世に出てしまったとしたら、きっとディズニーランドも悪いものだとなっていくでしょう。それに、ネットリテラシーの低い人は全てを信じて、あなたの様に嘘でできた批判を始めるでしょう。そして、無くなったあともずっとずっと「悪い遊園地だった。」と言われて行くのでしょう。悲しくなりませんか?ならないのならば、それでいいです。普通の人は、自分が好きな場所が悪い場所だったと語り継がれていったら悲しくなると思います。こうして、悪い話が広がれば広がるほど悲しい思いをする人が増えるのです。本当に書き込みに対しては責任を持ってください。
私が、物心付いたときにはドリームランドは閉園してしまっていました。私には、本当の当時の様子を知ることなんてできませんでしたが、今残っている文献を読み漁る事はできました。その結果この書き込みをしています。自分が憧れていて、素敵だと思う所を批判されていたのは本当に悲しかったです。あなたは、鼻で笑えたかもしれませんが、私は本当に憧れています。また、ディズニーランドも素敵だと思います。しかし、他の場所を他の場所と比較してその場所を貶さないでください。他は他そこはそこです。そんなに、ディズニーが好きなのなら、ディズニーランドについて、賞賛する記事を書いてください。
長文になってしまい申し訳ありませんでした!失礼なことも書いてしまったかもしれません。文章も拙い文章で本当に申し訳ありません。私としては、ドリームランドに行けたなんて羨ましい限りです!これからも、ブログの更新頑張ってください。楽しみにしております!
by 佐藤裕也 (2017-07-15 22:30) 

コメント書いてね♪ (でも”http”は書けないみたいだよ。ごめんね、ハハっ♪)

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。