So-net無料ブログ作成
検索選択

【オマケ】建物視点でルパンを見ましょっ♪(笑) [ ★パークで建築視点♪]

 
 
 こんにちは!
 最近、テレビや街で「円柱の柱頭飾り」が気になって 仕方ないカモさんです(笑)
 
 そんな感じで ふと、大好きな「ルパン三世 カリオストロの城」のDVDを見ていたら
 ストーリーに感動しつつも…
    建物にも 目がいっちゃったんですー(苦笑)。
 
 
 ということで、今回は建物シリーズの番外編。
 「せっかく覚えた建物視点でルパンを見てみよう~♪」 です(つまり復習…笑)
 
 記事の最後には、
 建物視点に興味がある方への カモさんオススメの 本 や サイト もご紹介したいと思います。
 
 
 では、さっそくルパンを見ましょう~♪
 
 (ネタバレです。でも、この作品は なんと約30年近くも前の作品!
  おそらくみなさん、何かの機会に一度は ご覧になっていることでしょう…笑)


 
 
 
 …と、その前に とっても大事な お話し♪
 
 
 今回、著作権に引っかかるキャプチャー画像が たくさんでてきます。
 
 ただし。。。
 
 著作権というのは著作権者が「載せるのダメだよ~」と直接本人に親告することで
 アウトになるので、
 
 著作権者が「これは宣伝にプラス効果になる」とか考えて、親告をしなければ
 …まぁ、非営利目的の個人レベルなら…OKでしょう(^_^;)
 
 
 同じことは、ディ●ニーにも言えまして、
 
 例えば、この↓ような画像は、家族や知人が主役なので掲載に問題なし!
 
 
  (ミッキー、ミニーと別々に撮影した写真の左右合成です。ベビたん可愛いぃー^^♪)
 
 
 でも、こちらは 撮影者と直接関係しない風景なので、
 ディズ●ー側が「載せちゃダメ♪」と 親告してきた場合には…、アウトになります。
 
 
 
 
 
 でも実際問題として、ネット上でたくさん取り上げられた方が宣伝にもなるんで、
 デ●ズニー側も「目をつぶっている」状態のようですね。
 
 なんでこんな話題を出したか、と言いますと、今回のためだけではなく…
 
   …次回の単発特集への布石です。 …( ̄ー+ ̄)謎笑
 
 
 …というわけで、この記事をお読みになった みなさーん!
 ルパンをもう一度見てみたくなったら、ぜひDVDを買ってあげてくださいねー!
 
 まだスタジオジブリができる前の、宮崎駿 氏の初期監督映画としても貴重ですよ~♪
 
 
  (記事を消さないため、念のため 宣伝しときます♪…笑)
 
 
 
 さっ♪ お待たせしましたー。
 では、建物視点で「ルパン三世 カリオストロの城」見てみましょ~♪
 
 ------------------------------------
 
 
 
 今回は、あらすじとかセリフは おおざっぱです。
 だって、建物視点ですから~(笑)
 
 ★マークがでてくるカモさんのコメントが、建物視点ですよー。
 
 じゃ、始めますよー♪
 
 
 
 
■オープニングのシーン
 
 国営カジノの大金庫から盗ってきた札束に 大喜びのルパンと次元 …と思いきや
 ルパンがみるみると 空しい表情に。。。
 
 
 
ルパン「 (この札束)捨てっちまおう… 」

 

次元 「 なにっ!? 」

ルパン「 ゴート札だよ… 」

次元 「 ゴート札!? 幻のニセ札と言われるアレか? 」

ルパン「 国営カジノにまで 出回ってきたとはなぁ!
     …次元、次の仕事は決まったぜ! 」
 
 
 
 ゴート札に、次のターゲットを決めたルパン。
 
 おっと、まだココは建物視点は ないですねー(笑)
 
 
 
■カリオストロ公国に入国
 
 
 
次元 「 聞かねえ名だなぁ。カリオストロ公国たぁ 」
 
ルパン「 人口3500、世界で一番小さな国連加盟国さ 」
次元 「 それがゴート札の震源地というワケか… 」
 
ルパン「 そのスジじゃ有名な伝説さぁ。ニセ札界のブラックホールってな 」
次元 「 ブラックホール? 」
 
ルパン「 ちょっかいを出して 帰ってきたやつはいない、とよ… 」
次元 「 怖いねぇ。怖いから…オレ、寝る 」  ←眠いだけじゃん(笑)
 
 
 
★ハイ、ここは国境の「門」に注目です!
 ほら、見事な「ゴシック様式のアーチ」ですねー♪
 
 じつは「ゴシック」って言葉は、ローマ帝国に侵攻したゴート族に関係があるんです。
 
 12世紀にフランスで ゴシック様式が脚光をあびたころ、
 ローマ人たちは かつて侵略してきたゴート族がつくった様式ということで、
 
 やや軽蔑的な意味も込めて
 「ゴート風の(=Gothic:ゴシック)」 と言ったのが語源なんですって。
 
 つまり ルパンたちが追う 「ゴート札」 の震源地、カリオストロ公国も
 ゴート族の末裔の国…ということなんでしょうね^^
 
 それで、ゴシック様式が国境の門になっているんでしょうねー。
 
 
 
■見事なカーチェイス
 
 ゆったりとした風景の中、パンクしたタイヤをのんびりと取り替えるルパンたち。
  
 そこに、いきなりカーチェイスで現れたのが
 花嫁衣装を着た少女と いかにも悪そうなごついおじさんたち。
 
 
 
 
 「乗れ!!」
  パンク修理もそこそこに、スーパー馬力に改造されたフィアットで
  カーチェイスに 参戦します。
 
次元 「 どっちに付く? 」
 
ルパン「 オンナ~! 」
次元 「 だろうなっ… 」

  この崖を登って先回りしようとするシーン、迫力ですよね~♪
 
 
 
 
  そして、先回りして
  次元のピストルで 悪役っぽい車をみごとに撃退!!
 
  そういえば、このシーンは、
  あのスピルバーグ監督が 「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評したという
  いわくつきのシーンなんだそうです。
 
 
 
 
■崖の途中
 
 
 
 花嫁衣装の少女は 車の中で気絶していました。
 間一髪いうところで、なんとか少女を救い出しますが…。
 
 
 
■カリオストロ城
 
 
 
 崖から落下して ルパンが気を失っている間に
 クラリスはふたたび捕らえられてしまいます。
 
 クラリスが残していった「銀の山羊」の指輪を見て 何かを思い出したルパン。
 車を走らせて、お城の見える場所にやってきます。
 
 
★ハイ、ここはいかにも「中世のお城」って感じのカリオストロ城に注目~♪
 
 お城自体は、ドイツのノイシュバンシュタイン城に似ていますし、
 
 城下町を従えて 水面に浮かぶ様子は、フランスにある「モン・サン・ミッシェル」の
 イメージがありますね~!
 
 
 
 
 
 
★こちらは7年前に「謎の火事」で焼けてしまった大公(王様)のお屋敷です。
 クラリスはここのお嬢様なので、この廃屋はクラリスの実家…なんですね。
 
 この建物は、半円アーチの造形や どっしりとした石壁の存在感から、
 ロマネスク様式でしょうね♪
 
 ちゃんとロマネスク様式の特徴、おぼえていましたか~?(笑)
 
 
 
■幽閉されたクラリス
 
 
 
★お城に幽閉されたクラリスの部屋には 立派な円柱が…(笑)
 柱頭飾りのないシンプルなデザインは 「ドリス式」ですねー!
 
 そして、この部屋に入ってくるカリオストロ伯爵の背景に見えるのは…
 うーん、どうやら 「コリント式」っぽいですね(笑)
 
 
 
■見張りのアジト
 
 
 
★お城に潜入しようと陣取ったルパンたちの見張りアジトです。
 外見には「尖頭アーチ」のゴシック様式です(笑)
 
 きつねうどんを食べるルパンの背後に見える窓は、
 半円アーチのロマネスク風ですね。
 
 たぶん、ロマネスク建築をゴシック様式に改築してあるのでしょう。
 ヨーロッパには結構そういう改築された教会もあるみたいですし♪ 
 
 
■再びお城
 
 
 
★こちらは再びカリオストロ城の中です。
 偶然にも、ニセ札をターゲットにして すでに潜伏していた不二子ちゃん。
 
 その抜け道にある キラキラとした豪華な部屋は…バロック様式でしょうか♪
 
 
 
■ローマ水道を通って侵入
 
 
 
 
 
 
★ハイ、再びルパンたちです。
 ローマ水道を通って 城に潜入するみたいです。
 
 水が城内に引き上げられた出口には 勘の鋭い銭形が…。
 
 連続したアーチでつくられた「ローマ水道」。
 ディズニーシーにもありますねー!
 
 
 
■幽閉された塔でクラリスに再会するルパン
 
 
 
ルパン 「 今は これが精一杯! あはははっ!」
 
クラリス「 ふふふふっ♪ 」
 
 
 と和んだのもつかの間。
 ルパンは伯爵の部下たちに 取り囲まれてしまいます。。。
 
 
 
クラリス「 おじさまっ! 」
 
ルパン 「 ハァーイ!おじさんはココですよぉ。すぅーぐ戻ってくるからねー! 」
 
 
★ほら!背景の柱!ドリス式ですね!…え、いまはそれどころじゃない?(^_^;)
 
 
 
 
 ルパンを地下牢に落として始末した伯爵。
 クラリスに大公家と伯爵家の 忌まわしき歴史を 言い聞かせます。
 
 思わず耳をふさぐクラリス。
 
伯爵「 わが伯爵家は代々、お前たち大公家の影として 謀略と暗殺を司り、
    国を支えてきたのだ。
    それを知らんとは言わさんぞ! お前もカリオストロ家の人間だ! 」
 
 
 
 
■地下牢
 
 
 
 
 地下牢に落とされたルパンは、先に落とされていた銭形と遭遇。
 ルパンから ここがニセ札製造の拠点と聞かされます。
 
 そして、ニセ札づくりを暴くことを優先するため、 
 この城を抜け出すまで ルパンと一時休戦します。
 
 
 
■クラリスの救出
 
 ・天井から救出
 
 
 なんとか地下牢から抜け出したルパンたち。
 クラリスのいる塔に救出に…。
 
ルパン 「 クラリスー!お迎えに来ましたよー! 」
 
 
★ほらほら!ドリス式ですってば!え、それどころじゃない?…またですか…(^_^;)
 
 
 
 
 脱出しようとしたときに 撃たれてしまうルパン。
 傷ついたルパンを助けようと 身を呈してかばうクラリス。
 
 
伯 爵「 指輪を取り戻してここへ来い。我が妻になればルパンの命は助けよう 」
 
クラリス「 …おじさま。指輪を… 」
ルパン「 クッ…ダメだ。クラリス…いけねぇ… 」
 
 伯爵が約束を守るはずがないと 確信しているルパン。
 決して指輪の隠し場所を教えようとしないのですが…そのとき不二子が…。
 
不二子「 …襟のウラよ。ルパンは いつもそこに隠すわ 」
ルパン「 くそぅ。不二子のやつ… 」
 
 
 
 いいですね~、このシーン。
 不二子のセリフに”ルパンへの愛”を感じちゃうのは私だけでしょうか~。
 
 
 そこへ飛び込んできた、銭形の操縦するオートジャイロ。
 
 
 
 
 不二子のとっさの判断で、傷ついて動けないルパンを抱えて
 オートジャイロにしがみつき、なんとか脱出に成功します。
 
不二子 「 ルパン。今のは貸しにしとくわ。じゃぁねー! 」
 
 
 一方、見張りアジトでは 次元と五右衛門が荷物をまとめて退却準備です。
  
次元 「 出番のないまま退却かよー! 」
 
 
 オートジャイロは、大木にぶつかって大破!
 服に火がついた状態で 意識もないまま 衝撃で放り出されたルパン。
 
 
  次元が速度をあわせて…
 
  五右衛門の斬鉄剣が一閃!
 
  見事にルパンを回収~!!
 
 五右衛門「  …また、つまらぬものを斬ってしまった…  」 ←(名セリフ…笑)
 
 
 
 
■ルパンの回想シーン
 
 
 
 クラリスの実家で、庭師をしていたおじいさんに助けられた ルパンたち。
 介抱を受けながら、ルパンは昔のことを語り出します。
 
 
ルパン「 …もう十年以上昔だ。
     俺は一人で売り出そうと 躍起になっている青二才だった。
     バカやって 粋がった挙句の果てに、俺はゴート札に手を出した 」
 
 そして、追いつめられ 瀕死の状態で 対岸の大公屋敷までたどり着いたルパン。
 
 
ルパン「 何とか岸に這い上がったが、もぅ身動きがとれなかった… 」
 
 ふと現れた幼い頃のクラリス。
 怯えて立ち去ったと思ったら グラスに水をくんできて「…お水…」。
 
ルパン「 震える手で、水を飲ませてくれたその子の指に、あの指輪が光っていた…。
     恥ずかしい話さ…。指輪見るまですっかり忘れちまってた… 」
 
 
 
 
 
★ (゚∀゚) ハッ!思わず、見入っちゃいましたー(笑)
  建物視点、建物視点~っと(^_^;)
 
 
 
■結婚式
 
 
 
 数日後、いよいよ カリオストロ伯爵とクラリスの結婚式です。
 クラリスは 薬を飲まされたのか、まったくの無反応な表情をしています。
 
 
 
 
大司教「 カリオストロ公国。大公息女。クラリス・ド・カリオストロよ。
     この婚姻に同意するか。 異議無きときは 沈黙をもって応えよ… 」
 
(何も反応しないクラリス。そして、ルパンの声がひびく…)
 
ルパンの声「 異議あり!! 」
 
 
 
★ハイ、ひさびさの建物視点です!(笑)
 この大司教さまの背景に注目~♪
 
 ステンドグラスと尖頭アーチといったら、そう「ゴシック様式」ですね~!
 こういう教会堂には ゴシック様式がよく似合いますね~♪
 
 
 
■救出劇
 
 
 
 大司教はルパンが変装していたのです。
 クラリスをそばに引き寄せたルパン。その司教マントの下にはロケット花火が…。
 
ルパン「 妬かない、妬かない、ロリコン伯爵ぅ!ヤケドすっぞぉ~っ! 」
 
 
 
 逃げるルパンとクラリス。
 しかし、対岸にある時計塔で 伯爵に追いつめられてしまいます…。
 
 伯爵に 最後の交渉を提案するルパン。
 
 
 
ルパン「 指輪の謎を教えてやろう…。お宝はどうしようとお前の勝手にするがいい!
      しかし、その娘は あきらめろ!自由にしてやれ! 」
 
 
 
 
 伯爵との交渉がうまくいきそうに見えたとき…
 伯爵は隠し武器をルパンに向けて発射します!
 
 よけた拍子にバランスを崩し、 時計塔から落ちそうになるルパン。
 必死に壁にしがみついてはいるものの もう身動きがとれません。。。
 
伯爵「 ハハハ!ルパン…、切り札は最後まで 取っておくのだっ! 」
 
 伯爵の非情な声が響きます。。。
 
 
★ …とここで建物視点!(^_^;)
   時計塔の数字は「ローマ数字」ですね~。
 
   現在も使われるこのローマ数字。
   これも古代ローマ人たちの大いなる遺産ですね。
 
 
 
 ルパンが置いていった指輪を 取ろうとした伯爵。
 その瞬間に クラリスが 我が身ごと伯爵を道連れにして 下の湖に飛びこもうとします。
 
 「はなせ!」必死にもがく伯爵…。そして、クラリスを蹴り落とします。
 
 
 
 
 「クラリス~!」壁を踏み切り、空中を必死に泳いで クラリスに追いつくルパン。
 
 そして、そのまま巨大な水柱をたてて、湖へ落下します。。。
 
 
 
■本当の たからものは…
 
 
 指輪は 時計塔を自爆させるためのスイッチだったのです。
 
 伯爵が作動させたそのスイッチにより、水門の役割をしていた時計塔は崩壊し、
 お城の周りの湖水が一気に 水門の外へ流れ出していきました。
 
 やがて、夜が明けて…。
 湖底から古代の遺跡が姿を現しました。
 
 遺跡の上を歩く ルパンとクラリス。
 
 
 

クラリス「 湖の底にローマの街が眠っていたなんて… 」

ルパン「 ローマ人がこの地を追われる時、水門を築いて沈めたのを
      あんたのご先祖様が ひそかに受け継いだんだ。

      まさに『人類の宝』ってヤツさ。
      オレのポケットには大きすぎらぁ  」
 
 
 
★ハイ!ここは当然、建物視点ですね!(笑)
 
 パルテノン神殿風の建物は 古代ギリシャ様式と同じように見えますが、
 後ろの方に見えるアーチの建物があることで、古代ローマ様式だと判断できますね~♪
 
 
 
 
 古代ローマ遺跡から 高台にのぼり、
 すっかり周りが干上がったお城を眺める ルパンとクラリス。
 
★それにしても、このお城。なんかシンデレラ城にそっくりな気もしますね~(^_^;)
 
 
 
 
 
ルパン 「 インターポールが重い腰上げたな… 」
 
 飛行機から国際警察のパラシュート部隊が 次々と降下していきます。
 
 
クラリス「 …行ってしまうの? 」
ルパン 「 う、うん。怖ぁーいオジサンが、いっぱい来たからね 」
 
クラリス「 …私も連れてって!ドロボウはまだ出来ないけど、きっと覚えます! 」
 
 
 クラリスのけなげさにうたれて、思わず抱きしめそうになるのを必死に自制するルパン。
 このあたり、ルパンの心情がとてもよく表現されています。。。
 
 
ルパン 「 バカ言うんじゃない。やっと日のあたる場所に出られたんじゃないか!
       オレみたいに薄汚れちゃいけないんだよ… 」
 
 
 
 そして、ルパンが立ち去ったあとに、息を切らせながらやってきた銭形警部。
 
 
 
銭形警部 「 くそっ、一足遅かったか! ルパンめ!まんまと盗みおって! 」
 
クラリス「 いいえ。あの方は何も盗らなかったわ。私のために戦って下さったんです 」
 
銭形警部 「 いや!!ヤツは とんでもないものを盗んでいきました …あなたの心です! 」
 
 
 くぅーー。この銭形の決めゼリフが なんとも泣かせますね~。
 
 ファンサイトだと、このセリフに賛否両論あるようですが、いいじゃないですかー。
 とっつぁんにも たまにはこんなセリフを言わせてあげましょうよ~!
 
 
 
 
銭形警部 「 ルパンを追えっー! 地の果てまで追うんだー!! 」
 
 
 そして、いつもの追いかけっこ。
 追いつ、追われつの関係なのに、みんな生き生きとして 楽しそうな表情ですねー♪
 
 このままカメラが引いていき、
 遠くの街並みを移しつつ 画面はエンドロールへ。。。
 
 --------------------------------------
 
 
 さ、いかがでしたでしょうか~?
 
 やっぱり、ルパンの「カリ城」は何度見ても 心に響きますねー!
 建物の時代考証もちゃんとしてて、びっくりしましたー。
 
 やはり宮崎駿監督の作品は 素晴らしいですねー、うん♪
 
 
 ん? いま、「うん♪」って思った、そこのあなた!
 今回は、建物視点の注釈が入るので 落ち着いて見られなかったでしょう(^_^;)
 
 さ、DVD買いましょう(笑) …しつこく またも宣伝♪
 
 
 
 まぁ、2回も宣伝しておけば 大丈夫でしょう(笑)
 
 
 
 
 さて、最後に。。。
 DVDも終わったところで、
 
 建物視点に興味が出た方に向けて、カモさんオススメの本やサイトのご紹介して
 今日は終わりたいと思いまーす♪
 
 カモさんが建物視点を勉強するのに とても役に立った本です♪
 
 -------------------------------------------------------------------
 ■本■ 図説 西洋建築の歴史 (佐藤達生 著)河出書房新社、¥1800(税別)
 -------------------------------------------------------------------
 
 これ西洋建築の入門編として 超オススメです!
 極端に言えば、これ1冊あれば基本は もうOKです。
 
 古典系といわれる古代ギリシャ・ローマ~ルネサンスへの流れや、その対局にある
 中世系(ゴシック様式)がなぜ生まれたか…なども わかり易く書かれています♪
 
 で、ですね~。
 
 この河出書房新社の「図説シリーズ」は、おもしろいですよ~。
 建築だけでなく、いろんなテーマで本が刊行されています。
 
 今回カモさんは、
 このシリーズの 「図説 ヴィクトリア朝百科事典」 というのも参考にしました♪
 
 そのほか 「図説 海賊」 なんてのもあって、なかなか奥が深いシリーズです(笑)
 河出書房新社のホームページは要チェックですよ~♪
 
 
 -------------------------------------------------------------------
 ■本■ 知の遊びコレクション 建築 (ジョナサン・グランシー 著)新樹社、¥3800(税別)
 -------------------------------------------------------------------
 
 世界のいろんな建築様式の写真集&解説本です。
 
 カモさんが気付いたシンデレラ城に似た「ロンドン王立裁判所」とか、ホテルミラコスタに似た
 「ヴェルサイユ宮殿」や「トレビの泉」も この本のおかげです♪
 
 ちょっと高めの本なのですが、このお値段で世界中のいろんな建物を見て回れますし、
 建築様式の基礎知識もくわしく書いてあるので、建築の実例を写真でたくさん見てみたい人に
 
 すごくオススメでーす♪ 見ているだけでも楽しくなる本ですよ~。
 
 
 
 -------------------------------------------------------------------
 ■本■ イスラーム建築の見かた (深見奈緒子 著)東京堂出版、¥2500(税別)
 -------------------------------------------------------------------
 
 これはちょっと珍しいジャンルの本ですねー。
 
 イスラーム建築の見かた、建物のパーツなどについて、
 とても分かりやすく解説された本です。
 
 この本がなければ、今回のイスラーム建築めぐりは できませんでした♪
 
 初期のイスラーム建築は、ドームなんか無くって、塀(へい)と日除けくらいの
 とっても簡素な建物だったそうなんです。
 
 それがどのようにして、あの精緻で美しい様式になっていったのか…など、
 イスラーム建築の歴史についても 詳しく書かれています♪
 
 
 
 -------------------------------------------------------------------
 ■web■ アップルワールド 「知っておきたい建築様式学入門」
 http://appleworld.com/entertainment/column/construction/construction_index.html
 -------------------------------------------------------------------
 
 この↑サイトは、今回の建物視点シリーズを書き始めた後から知ったのですが、
 建築様式の基本が とっても簡単に シンプルに まとめられているんです。
 
 ざぁっと流し読みするだけでも おおよその建築様式の 歴史や背景がわかります♪
 
 そして、ホテル検索サイトらしく、それぞれの建築様式で建てられている
 ホテルの紹介などもあって、面白い特集に仕上がっていますよ~♪
 
 「ポストモダン様式」の代表的なホテルとして、WDWのドルフィンがリストアップされて
 いるのもnice!です♪
 
 -------------------------------------------------------------------
 
 ハイ、カモさんがオススメする本とサイトを ご紹介してみました~♪
 
 では、
 これからも建物視点もつかって パーク&日常を楽しんで行きましょうね~!
 (っていうか、しばらくパークにインしていないなぁ。スティッチ終わっちゃうなぁ…涙)
 
 
 
 
 じゃ、今日は この辺で~(^o^)/
 長文&ルパンのご視聴(笑)、おつかれさまでしたー♪
 
 
 
 次回…あるいは、もうちょっと後の 単発特集とは…、
 
 知る人ぞ知る都市伝説…、
 
 「あの都市伝説を追え!ミッ●ープール消し事件の真実」です …( ̄ー+ ̄)え、ルポ風?
 


nice!(11)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 11

コメント 17

mirai

こんばんは~
カリ城ファンの私としては、またまた違った視点で楽しかったですよ~(^^)
宮崎監督の作品に登場する自動車を始めとする機械類や建物のこだわりはすごいですね。
本人もそおいったものがとても好きで、いろんなスケッチを描いています。
特に、イタリアの関係は多いですね~
今回はさすがに著作権にちょっと触れてますね。
これは大切ですが、まぁこれだけ宣伝しておけば問題ないでしょう~
あ、カリ城は持っていますが、レーザーディスクです(^^;;
by mirai (2007-07-13 22:41) 

tomickey

たっぷりと楽しませて頂きました!
ついついフィアットに目がいきつつもクラリスが閉じこめられていた塔も建物としては好きな形です~(^_^)
by tomickey (2007-07-13 23:57) 

lakeside

今回も楽しませていただきました。
そうか、湖に眠っていたのはローマ時代の遺跡だったんですね。
実際にそんな所があればロマンチックなのですが。
完全に近い形で残っている遺跡が少ないだけに貴重なんですけど。
それにしてもディズニーに負けず劣らず、宮崎監督もこだわりをもってます(笑)
by lakeside (2007-07-14 00:20) 

AYA

カリオストロの城を久しぶりに見たくなりましたよ~。
建物視点でも、単純に映画としても。
モンキーパンチさんはこの映画からアニメのルパンの性格が変わったと
言っておられますよね~。
いろいろ賛否両論ある作品ですが、私も好きです。
宮崎作品は何年経とうと色褪せませんね。
今度、是非ラピュタで建物視点を(以下自粛
by AYA (2007-07-14 02:28) 

HIRO9030

すっ....すごいよカモ様〜〜〜!!
nice!×100ぐらいあげたいよ!!
私もカリオストロ大好きです!!
ついでに宮崎作品大好きです!!
建築物ならイタリアです!!(笑)
天井とか壁とかばかりに目がいきますよね.....
by HIRO9030 (2007-07-14 03:18) 

カモさん

■miraiさん♪
 こんにちは!おぉ、「カリ城」ファン!しかもLD!恐れ入りました~^^;
 宮崎監督はご自身もすごいクルマに乗っているらしいですし、メカに対する思い入れはすんごいらしいですねー!著作権は…まぁ、個人レベルの非営利目的なら、大丈夫でしょうか~(^_^;)
 いやぁ、建物視点がこんなところで役に立つ(?)とは思いませんでしたー(笑)。
 
■tomickeyさん♪
 こんにちは!宮崎作品では、クルマとか飛行機のコダワリがものすごいですよね~。「紅の豚」の”真っ赤”な飛行機なんかも、tomickeyさんにはたまらないのでは~(笑)
 「カリオストロの城」の建物視点、楽しかったですよ~。いままで気付きもしなかった建物の特徴が目につき過ぎちゃう感じはありましたが…(^_^;)。。。
 
■lakesideさん♪
 こんにちはー!湖底に眠っていたのは古代ローマ遺跡だったのですねー。これに近いものといえば、火山噴火で一瞬のうちに街が埋もれてしまったイタリアのポンペイ…でしょうか。当時の生々しい生活の風景が、ほぼ完全な状態でそのまま保存されちゃったので、かなり貴重な場所のようです。
 いやぁー、宮崎作品のコダワリもハンパじゃないですね~♪見ていて楽しかったです~。
 
■AYAさん♪
 こんにちは!ぜひ「カリ城」を見て下さいな~。見始めちゃったら、もうラストまで一気ですよ~(笑)。数々の名セリフたち、見ていて気持ちのよい人や車の動き…、練り込まれた見事なストーリー、どれをとっても一級品ですね♪ 原作者はこの映画をみて「銭形警部の解釈は、宮崎さんの作品が一番正しい」とおっしゃったとか…。
 ラピュタですかー。えっとDVD探さないと~。あれドコにあるんだー。
 え、AYAさん何ですかぁ?「もたもたしてないで『…40秒で支度しな!』」ですって!?(^_^;)
 
■HIRO9030さん♪
 こんにちは!100nice!も有り難うございます~^^
 もう公開から30年近くも経つ作品だそうですが、今見てもまったく遜色ないですねー。ぐいぐいと引き込まれてしまいます♪人や車の動きが、見ていてとても気持ちいいんですよね~。改めて宮崎作品のクオリティに圧倒されました~。建物視点の楽しみを知ってしまうと、また違った楽しみ方ができますね(笑)。
 
by カモさん (2007-07-14 09:13) 

おはようございます。
朝から
DVD一本見た気になれました。
こんな雨の日はDVD三昧したいですものね。
宮崎駿監督の作品だったとははじめて知りました。
よーく見るとシンデレラ城にほんとににてますね!!
次回の記事もたのしみにしてまーす。
by (2007-07-14 09:45) 

みりん

ルパンはあまり見た事がなかったんですが
カモさんの記事読んでたら最初から見たくなりました(^^)
普通のアニメとして何も考えずに見るのと
色々な視点から見るのとじゃ楽しみ方も違ってきますよね~☆
カモさんいつもステキな記事をありがとうございま~す♪
次回の単発特集も今から楽しみデスっ(^0^)
by みりん (2007-07-14 12:13) 

fumipopo

「知の遊びコレクション・・・」という名に惹かれました
買おうかしら~~
そして「カリオストロの城」また見たくなりました~~
カモさんは宣伝上手ですね~ヽ(*^^*)ノ
アップルワールドの「知っておきたい・・・」ものぞいてみました
建物からホテルを選ぶって面白いです
チェックチェック♪
by fumipopo (2007-07-14 20:48) 

chome

カモさん、すごいですね~
とっても読み応え&見応えがあって楽しませていただきました♪
こんなアニメの見方もアリですね。
「カリオストロの城」また見たくなりました。
明日も雨だし・・・(笑)
by chome (2007-07-14 20:56) 

カモさん

■ばにらさん♪
 こんにちは!朝からのご視聴おつかれさまでした~♪
 この映画は、ルパンとしても楽しめますし、宮崎駿監督の作品(しかも傑作!)としても楽しめますよね~♪
 あ、もちろん建物視点でも…(笑)。
 カリオストロ城…、なんかシンデレラ城にとても良く似ているんですよ。もしや…いやいや、まさか(^_^;)。
 
■みりんさん♪
 こんにちは!この「カリ城」はオススメです!機会を見つけてぜひご覧になってみてくださいませ~♪
 宮崎作品としての完成度もかなりすごいです。何回も見ているのに、思わずぐいぐいと惹き付けられちゃうんです。
 次回の単発特集では、ネット上に流れている、いいかげんな都市伝説にちょっとメスを入れてみようと思います(^^;)。
 
■fumipopoさん♪
 こんにちは!「知の遊びコレクション…」なかなか良い本です。
 このシリーズの「樹木」も 思わず購入しちゃいました♪
 香取慎吾さんのTVスマステーションで昨晩「大人がえらぶアニメヒーロー best30」といかいう特集をやっていたのですが、ルパンが堂々の第1位でびっくり~。例の銭形のセリフも放送されてました(笑)
 ぜひ、また「カリ城」をご覧になってくださいな~♪
 建築様式から選ぶホテルも面白いですよね。「ポストモダン様式」にWDWのドルフィンが入っていましたね~(^o^)/
 
■chomeさん♪
 こんにちは!ご視聴おつかれさまでした~(笑)
 楽しんで頂けましたようで うれしいです。
 この3連休は あいにくの雨模様ですので、
 水まきイベントに向けて、ゆっくり体調を整えつつ(笑)
 お家でDVDでも見るのも良さそうですね~♪
by カモさん (2007-07-15 09:04) 

たぶん見たはずなのにすっかり忘れちゃってました。(^^ゞ
ルパンてこうやって見るといっぱいありますね~。
舞台が海外のって多いからいろんな作品で建物を楽しめそうですね♪
今日は雨だし、ビデオ鑑賞でもしようかな~♪
by (2007-07-15 09:54) 

カモさん

■mickey0809さん♪
 こんにちはー!この作品、結構みなさんご存じなので、mickey0809さんも、おそらくどこかでご覧になっているかもしれませんね~^^
 この作品は、西洋のお城が舞台なので、特に建物視点には向いているのでしょうね。最初はその気はなかったのに、円柱とかアーチに目が向いちゃいまして…ハイ、でこんな記事になっちゃいました…(^_^;)。
 外は台風ですので、おとなしく家でやりすごすほうが良いかもしれませんね~。。。
 
by カモさん (2007-07-15 13:45) 

ジョルノ飛曹長

カリオストロはいいですよねー。
大好きで数百回は見ているんじゃないかと思います。ビデオテープ2本つぶしたんで・・(^_^;)
DVDなら良かったんですが、昔買ったもので当時はビデオしか無くて・・・(^_^;)
カリオストロの建物に着目するとはカモさん、目のつけどころがシャープですね。(^o^)
by ジョルノ飛曹長 (2007-07-17 18:17) 

カモさん、スゴイですっ!
建物にはあんまり詳しくないけれど(寺社仏閣の類なら少しだけ…)、
改めてカリオストロの凝りかたはハンパじゃないことが分かりました。
ううーん、勉強になるなぁ。

ルパンシリーズは本当にカッコいいですよね~。
「スマステ」は偶然見てましたが、納得の1位でしょう。
そういえば月末に、毎年恒例の新作スペシャルがあったはず!
by (2007-07-17 22:18) 

ランバルディ

こんにちは!
カモさんの気持ちがよーくわかります。テレビや映画でも、つい見ちゃいますよね~建築様式(笑)この間の「魔女の宅急便」でも、背景ばっかり見ちゃいましたよ(笑)

でも、建築特集のオマケが「ルパン」だったとは思いませんでした~!楽しかったです。
by ランバルディ (2007-07-18 22:37) 

カモさん

■ジョルノ飛曹長さん♪
 こんにちは!なんと数百回!( ̄◆ ̄;)…おみそれしました~!
 すごいですねー!
 もう音楽やセリフもすべて頭の中に入っているのではないですか~♪
 最近はDVDでくり返し再生も楽々なので、ぜひカリ城のDVDもジョルノさんのライブラリに加えてみてはいかがでしょう~♪
 
■おこ さん♪
 こんにちは!じつは2ヶ月ほどまえから西洋建築についてお勉強していまして、下記の記事から順に見て頂くと、あら不思議!(笑)西洋建築の基礎知識がついちゃいます、たぶん♪
 「★予告♪建物視点でパークを歩こう♪」
 http://blog.so-net.ne.jp/tdr-3d/2007-06-11
 おこ さんは神社仏閣派ですか♪今度教えて下さい(笑)
 スマステ、ちょうどルパンの記事をアップした翌日だったのでビックリでした~(笑)
 
■ランバルディさん♪
 こんにちは!この2ヶ月というもの、もうすっかり建物視点になっちゃいました(笑)。「エンタの神様」、毎朝8時フジの「とくダネ!」などの背景セットにも円柱がありまして…(笑)
 ルパンはストーリーだけじゃなくて、背景の建物たちもコダワリがたくさん感じられました~♪

 
by カモさん (2007-07-20 01:36) 

コメント書いてね♪ (でも”http”は書けないみたいだよ。ごめんね、ハハっ♪)

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。