So-net無料ブログ作成

■立体写真の見方です♪【平行法、交差法】【ミラー法】 [■立体写真・ステレオグラム]

★補足★ 【立体写真の見方】です。
---------------------------------
♪【平行法、交差法】の見方です♪ (ミラー法は少し下に書いてあります)
---------------------------------
 
 たとえば一番立体視ができそうな(平行法・小)で説明します。
 
 
 眼鏡をしている人は、眼鏡をはずして裸眼で見ると結構うまくいくかもしれません。
 
 画面から10cmくらいまでモニタ面にめっちゃ顔を近づけて、ピンぼけでいいんで、右目で右の(画像上中央の)白丸を、左目で左の白丸を見るようにします。
 (ここで頑張ってピントを合わせようとすると失敗しやすいです。まだピンぼけでOKです♪)
 
 そうすると、ちょうど子供の頃にやったような、人差し指どうしをくっつけて顔の前にもってくると真ん中に「UFOが浮かんでる~!?」、っていう寄り目状態になります。
 
 で、うまく白丸が重なると、ちょうどこんなイメージになります。
 
 3つの画像が見えていて、中央に視線が集中している感じです。
 真ん中はまだピンぼけのままかもしれませんが、まだそれでOKです。
 
 この白丸が重なった状態を維持しながら、慎重に少ーしずつピントが合うところまで画面から目を遠ざけていけばOK♪
 
 白丸が重なる。ピントが合う。この2つがクリアできれば、みごと立体写真の世界の扉が開きます♪ よかったらぜひトライしてみてくださーい♪
 
 人によっては平行法ではなく、右目で左画像、左目で右画像を見る交差法ができちゃう人もいます。どちらが得意かは個人差のようです。(ちなみに私は交差法はできません…ハイ^^;;)
 
 
 
-----------------------------------------------------
【ミラー法】 立体視の苦手な方に朗報です!
-----------------------------------------------------
 
誰でも簡単!練習不要!!
使うのは鏡1枚だけ!!
それだけで立体視ができちゃう方法があったのです♪

ホントかな~。何だかんだ言って、難しいんじゃないの~? …というそこのアナタ!

絶対に、大・丈・夫です♪(o^ー')b

まずは、手頃な大きさの鏡(10~15cm角くらいがGood!)を1枚準備して下さいな!
 ←お化粧用に使うこんなのならベスト!100円なり(笑)
 
鏡が手元にないって? 今すぐ、100円ショップ行って買ってこーい!
 
詳しい見方は、この方法を紹介している【気軽に立体写真】さんのサイトが分かりやすいのでご覧になってくださいな。
http://o-val.jp/stereograph/
 
要は、上のサイトの【立体写真の見方】にあるぬいぐるみのクマちゃんの真似をすれば良いだけ♪
鼻の前に手で鏡を垂直に持って、左目でモニタの左画像、右目で鏡に映った右画像を重なるようにして見る!だけです。1分以内には、見られるようになると思います。
注意:左目で鏡を使うと遠近感が逆になります。左目はモニタ左画像を見るようにしてください。

(以下、転載です)
【1】鏡を用意してください。15cm角くらいが適当でしょう。
【2】鏡を手に持って左右の目の間に画面と垂直に鏡をおきます。鏡の位置は顔の中心よりやや右よりで、鏡をできるだけ顔に近づけます。

【3】左の目でモニターの左の写真を見ます。
【4】右の目で鏡に映ったモニターの右の写真を見ます。

【5】左画像が顔の中心に来るようにします。
【6】左右の画像が一致すると写真が立体に見えます。画像が一致する様に鏡の位置を調節します。鏡の画面に近いほうを少し右に寄せるとよいでしょう。
(文章にすると難しそうだけど、ようは左右像があうように鏡を動かすだけです♪)
 
 
鏡の準備は、いいですかぁ? じゃ、ミラー法での立体視、いってみましょう♪
本当に簡単なんです♪
 
ぜひにお試しをー(^o^)/
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメント書いてね♪ (でも”http”は書けないみたいだよ。ごめんね、ハハっ♪)

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。